Rimports

Rimports、イントラロックスのサイドドライブ技術で効率化を実現し、仕掛品を削減


イントラロックスのサイドドライブ冷 却タワーは、プロボの工場で週5日24 時間順調に稼働しています。タワーは信 頼性に優れ、使いやすく、製造現場に騒 音低下と安全向上をもたらしてくれまし た。

Rimports チーフエンジニア、 Scott Leek氏

ユタ州を拠点とする香料入りワックス製品メーカーであるRimportsで は、冷却は製造工程の中で非常に重要なステップと位置付けられて います。製造されたワックスキューブは、包装の前に冷却する場所と時 間が必要です。本来ならば何の世話もいらない気楽な調節期間であ るべきその工程は、もどかしく手間のかかるボトルネックと化していまし た。

ワックスを充填した容器がラインから排出されると、スタッフは、それを トレイに載せて、製パン用冷却ラックに積み込んでいました。次に、引き 続き積み込み作業を行うスペースを確保するため、ラックを台車で生 産フロアのあちこちへ移動していました。冷却が終わると、ラックからト レイを取り出し、中の容器を箱詰めステーションへ運んでいました。

このようにフロアには大量の仕掛品(WIP)があふれていたので、工 場は、7本ある生産ラインのそれぞれに人員を数人ずつ配置しな ければなりませんでした。Rimportsには、製品を冷却しながら保管 するスペースを持ち、付加価値につながらないスタッフの作業を排 除し、ライン生産量を減らすことなく効率を向上できるソリューショ ンが必要でした。

イントラロックスはあるOEMと共に、2700シリーズ・サイドドライブベ ルトを使って、工場の縦空間を有効活用した1対のスパイラル冷 却タワーを作り上げました。この側面駆動ベルトは、中央ドラムのな いスパイラルの構築を可能にし、システム構造に柔軟性を持たせ ることができます。

冷却タワーで非常に大きな効果が得られたので、Rimportsはそれ 以来さらに3対を導入し、もう2対を注文しました(合計12台のスパ イラルシステム)。今日の工場の生産フロアでは、騒音が低下し、雑 然さがなくなり、安全を脅かす要因が少なくなり、より効率的な操業 が行われています。また、WI Pが大幅に減少したことによって、ライン 1本あたりの必要人員は約半分に減少しました。