Cémoi

イントラロックス、Cémoiに洗浄容易なターンキーソリューションを提供


問題はすべて解消されました。…ThermoDriveベルトによって、操業コストを低減すると同時に製品品質を向上させることが可能になりました。

Cémoiペルピニャン工場プラントエンジニア、Patrick Alberny氏

お客様の目的

起源を200年以上さかのぼるCémoiはフランス随一のチョコレートメーカーで、ヨーロッパでも屈指のチョコレート製造販売会社です。Cémoi社は自社ブランド製品だけでなく、業務用やプライベートブランド向けのチョコレートも製造しています。ペルピニャンにある工場は3交替制で24時間操業を行い、1時間あたり28,000ポンド(13,000 kg)超のチョコレートを製造しています。

トラフコンベアはペルピニャン工場になくてはならない装置です。Cémoi社は、摩砕エリアから、チョコレートと砂糖を混合するコンチェまでのココアパウダー搬送を水平と傾斜のトラフコンベアに頼っています。そこで使用していたフラットベルトでは、数多くの問題が発生していました。蛇行がよく起こり、それはつまりメンテナンス担当が頻繁に調整を行わなくてはならないということでした。蛇行は、ベルトエッジ損傷とベルト短命化(平均12~18か月)につながりました。また、そもそも、たいへん洗いにくく洗浄に時間のかかるベルトでした。

イントラロックスの実施策

Cémoi社は、ベルトの寿命を延長し、蛇行を解消し、メンテナンスと洗浄時間を減少させ、食品安全に重点の置かれたソリューションを求めていました。導入のコーディネートが複雑ではなく、できるだけ現場スタッフをわずらわせなくてすむほうがよいという工場幹部の希望もありました。

これらの目標を念頭にCémoi社が選んだのは、Intralox ThermoDrive8026シリーズベルトでした。ThermoDriveベルトは無孔の熱可塑性構造によって、バクテリアの繁殖を排除し、効果的な洗浄を促進し、菌数ゼロを達成し、同時に洗浄時間を短縮し(最高75%)、洗浄コストを低減します。軽量で取付けが容易なThermoDriveベルトは、従来のフラットベルトが抱えるテンション、軌道、洗浄性の問題を解消します。ThermoDriveベルトは、用途にもよりますが、寿命が従来のフラットベルトの最高5倍になります。

技術としての有望さに加え、イントラロックスのサービスとサポートがCémoi社の決断を後押ししました。イントラロックスは、プロジェクトを丸ごと請け負い、ベルトだけでなく、衛生的なコンベア設計、採寸/製作、取付け、運転開始サポートを含めたターンキーソリューションを届けると約束したのです。取付けは、2014年7月(傾斜トラフコンベア)と2016年2月(水平トラフコンベア)に行われました。

結果

ThermoDriveソリューションは、約束をすべて実現し、さらにそれ以上をもたらしました。Cémoi社で蛇行の問題はなくなりました。平均12~18か月だったベルトの寿命は、予想で最低5年まで延長されました。ThermoDriveベルトの予防的または修正的メンテナンスにかけられた時間数はゼロのままです。このシステムの洗浄容易で衛生的な設計によって、洗浄時間は1回につき12時間以上短縮され、年間で合計120時間以上を節約できるようになりました。

所有コストの低減はこのプロジェクトではっきりと掲げられた目標ではなかったのですが、セモア社は、洗浄時間短縮とベルト寿命延長によって過去2年間で操業費用を約$11,000(€10,000)節減することができました。Cémoi社は、最終的にはグラインダーからコンチェまでのトラフコンベアのすべてにThermoDriveベルトをレトロフィットする予定です。

Cémoi社のこのプロジェクトで陣頭指揮を執ったプラントエンジニアのPatrick Alberny氏は次のようにコメントしています。「私たちは、ベルトの張力と軌道にかんするトラブル、リターンローラーの詰まりなど、繰り返し発生する問題を抱えていました。ですから、イントラロックスのThermoDriveという新技術の採用を推し進めることにしたのです。問題はすべて解消されました。そればかりか、この新しいベルトはコンベア上でも外しても動かすのが楽なので、洗浄がずっと簡単です。ThermoDriveベルトを取付けたことによって、操業コストを低減すると同時に製品品質を向上させることが可能になりました。」