搬入

イントラロックスの耐摩耗性技術は、搬入および洗浄用途において発生する、高コストで永続的な問題と戦います。     

500130-iStock_lg

イントラロックスは、青果加工業界の様々な製品および加工部門が抱える特殊なニーズに対し、高い理解力を発揮することを誇りとしており、こうしたニーズを念頭に置いて、ベルトおよび付属品の設計を行っています。

野菜や果物が工場に搬入される際には、洗浄し仕分けをしなければなりません。採ったばかりのフルーツや野菜には、土などの汚れが付いているため摩耗を生じさせやすい状態です。通常、新鮮な野菜やフルーツは特定の季節に大量に運び込まれるため、搬入プロセスでは、摩擦や搬送品の極度の荷重が重なって製品損失を生じる恐れがあり、ダウンタイムにつながることも少なくありません。また、ベルトの張力が弱まると、加工能力に対する信頼性の低下やベルトの寿命の短縮だけでなく、製品損失や異物混入も招くことから、ベルトを伴う走行上の問題は、高額なメンテナンス費用に発展します。そして、頻繁な修理や何時間もかかるメンテナンスに、時間とお金を失うことになるのです。

イントラロックスは、お客様の製品固有のニーズや、トマト加工業者が短期間に24時間ひっきりなしの大量搬入に直面することなどといった難しい問題を認識し、その問題に対処します。そして、ジャガイモの搬入時に見られる、大きく傷をつける土(石)などの汚れの処理問題のような難問を解決します。そして、これらの問題を理解するだけでなく、これに対処する効果的な搬送ソリューションを開発します。

「イントラロックスに替えたら、2006年の加工シーズンには、予定外のダウンタイムを95%削減することができました(当社のトマト搬入用途で)。耐摩耗性システムの能力には、非常に感激しました」

米国カリフォルニア州ウッドランド、Pacific Coast Producers社、生産本部長、Ivin Rhyne氏談

「イントラロックスの耐摩耗性システムに切り替えたら、2006年の加工シーズンのダウンタイムがゼロになりました。別のベルトに替えただけで、性能と質にこれほどの差が出るとは思いませんでしたが、実際そうなりました。イントラロックスの製品といえば、ゼロ・ダウンタイムと費用の削減ですね」

米国カリフォルニア州ロスバノス、Ingomar Packing社、スーパーバイザー、Ron German氏

500193_TA17681_sm

ご不明な点はありますか?

ケーススタディ

  • DARB仕分け、ロボットと連携してCosta Groupの能力を増強
  • ThermoDriveによる包装供給上昇コンベア改造で切り替え時間を58%短縮
  • イントラロックス、総合的なブランチャーソリューションとサポートをOerlemans Foods社に提供