衛生的な処理

青果加工業向けサーモドライブベルトは、メンテナンスコスト低減と衛生向上を確保します。

青果加工を取り巻く情勢は、高性能で信頼できる衛生的なベルトソリューションの必要性を示しています。食品工場で従来使用されてきたフラットベルトには、絶え間ないトラッキングとテンション機構が必要であり、露出した織物による衛生上の問題もあります。サーモドライブの均質なコンベアベルトを活用した青果加工施設は、メンテナンス減少、衛生向上、最高の質、生産増大を実現しています。 それが、このベルトの生まれた目的です。

サーモドライブベルトは、テンション全くなしで運転できる唯一の確実駆動の均質ベルトです。これは、イントラロックスが特許を持つポジションリミター装置および技術によって実現された特徴です。サーモドライブ技術では、トラフ型のベルトが必要または有益な場合、そのような用途でベルトをトラフ型にすることもできます。これによって、正しい製品制御、衛生性能の強化、歩留まりの向上が可能になります。

衛生用途でサーモドライブ技術を活用すれば、重要なメリットが得られます。

メンテナンスの減少

サーモドライブベルトはテンション機構もトラッキングも不要なので、メンテナンス(ベルトおよびベアリングの交換コストを含む)が大幅に減少し、ベルトの寿命が伸び、コンベアの運転効率が向上します。

衛生向上

ベルトは、洗浄時にコンベアフレームから容易に持ち上げて動かせる、確実に衛生的な設計になっています。これによって、ベルトを取り外したり、ゆるめたり、再びテンションをつけたりする必要がなくなり、短時間で効果的に衛生作業を済ませることができます。

衛生の向上によって、妥協のない食品安全性が確保されます。無孔、熱可塑性のサーモドライブベルト材質は、ひび割れたりほつれたりせず、食品への異物混入リスクを排除し、バクテリア数を常に低く抑えます。

生産増大

サーモドライブベルトは、均質な表面、ベルトスタイルと仕様の選択肢の用意、広範な温度への耐性を通じて、生産柔軟性と製品ロス減少を確保します。

稼働効率の向上

メンテナンス性、衛生、生産の向上は、工場全体の工程と性能の大きな進歩につながります。

ご不明な点はありますか?

ケーススタディ

  • DARB仕分け、ロボットと連携してCosta Groupの能力を増強
  • ThermoDriveによる包装供給上昇コンベア改造で切り替え時間を58%短縮
  • イントラロックス、総合的なブランチャーソリューションとサポートをOerlemans Foods社に提供