GPOD of Idaho社 | Verbruggen社

イントラロックスのARBソリューションにより、年間32万ドルのコストを削減したGPOD of Idaho社


このテクノロジーは、検討した他のどのシステムより格段に優れています。

Clayne Bloom氏
GPOD of Idaho社、倉庫マネージャー

GPOD of Idaho社では、同社工場のバックエンドにおける作業が課題となっていました。具体的には、米国のジャガイモパッカーで、ジャガイモが入った50ポンド(22.7 kg)の箱を従業員が一日中、手作業でラインに乗せており、大きな負担となっていたのです。パレット積み付けラインを自動化し、アキュムレーション容量を増やすソリューションが必要でした。また、1分間に26箱をパレタイザーに渡すシステムを導入したいと考えていました。

Verbruggen Palletizing Solutions社への導入に向け、イントラロックスの自動化担当技術者が、今回の打ち合わせに早い段階から参加し、アキュムレーションレーンの再設計を支援しました。Verbruggen社の高速パレタイザーに加え、GPOD社が必要としていた高いアキュムレーション容量を実現するために、以下で構成される、イントラロックスのソリューションを導入しました。

  • DARB 仕分けS4500
  • S400 ローラートップベルト 
  • ARB直角乗継ぎS400
  • シミュレーションサービス
  • コンベア設計のトレーニング

Verbruggen社のセールスエンジニアリングは、イントラロックスの協力を得ることで、理想的なソリューションを導入できました。イントラロックスの装置、サービス、トレーニングにより、1分間に26箱をパレタイザーに渡すという目標を達成するとともに、1分40箱にアップグレードすることも簡単にできるようになりました。イントラロックスの技術者が、同工場のアキュムレーションレーン再設計に必要とされるテクニカルサポートを行い、製品の流れを完全に制御できるようになりました。さらに、手作業を行っていた従業員10名を別の作業に配置換えすることで、年間32万ドルのコストを節約することもできました。