Gerber Poultry

AIMマルチレーンソーター、年間$280,000の人件費を節約


お客様の目的
Gerber Poultry社は、鶏肉の加工と包装を事業としています。その製品は、Gerber Amish Farms Chickenという商標のもと米国中西部全域で小売販売されています。オハイオ州キドロンにある加工工場の幹部は、需要増大に対応するためトレイシールラインの増強と最適化を計画していました。プロジェクトの成功は、製品によって異なるラップ包装機へとトレイパックを正しく仕分けることができるかにかかっていました。

Gerber Poultry社のトレイパックシール工程アップグレードには、次のような目標が含まれていました。

  • 工程に必要な人手を抑制
  • 損傷やミス(たとえば、間違った製品をラップ包装するなど)による製品廃棄を低減
  • 最高毎分150~187トレイ(数はトレイサイズによって異なる)への処理高速化と99.9%のシステム精度を実現
  • 優しい搬送と二次汚染排除を確保して品質を保護

イントラロックスの実施策
目標を達成するには、カメラベースの製品認識システムを組み込んだ複数レーンの自動トレイパック仕分けソリューションが必要であると、工場幹部は判断しました。

そして、Foodmate社のInVISIONカメラグレーディングシステムを組み合わせたIntralox Active Integrated Motion™ (AIM™) マルチレーンソーターを採用することに決めました。AIMとInVISIONを組み合わせたそのシステムは、Foodmate TraySortパッキングステムとして市販されています。

AIMマルチレーンソーターは、ラインを高速化し、製品損傷と生産停止時間を減少させて、トレイパックの生産量を確実に増加させます。ウォッシュダウン可能な自動AIMシステムは、高速で優しい製品搬送を行い、手作業によるトレイの仕分け、体裁直し、方向転換を不要にします。人件費を削減し、トレイを手で扱うことに起因する二次汚染リスクもなくします。

高度なカメラおよびライティング技術を用いるInVISIONカメラグレーディングシステムは、指定した製造要件にしたがってトレイパックの認識と分類を行い、その割り振り(または別の動作)を決定します。そして、その割り振りや動作をソーターに伝達します。ラベルやバーコードや付加的な手順はまったく必要ありません。この2つが合体したFoodmate TraySortパッキングシステムは、両者の機能を最大に活かし、妥協なく完全な自動化をもたらすシステムです。

結果
イントラロックスはGerber Poultry社、Foodmate社と緊密に連携しながらレイアウトコンサルティングと製品試験を提供し、2018年5月のシステム取付けの際にはその前後と最中にサポートを行いました。それ以来、AIMとInVISIONの複合システムのおかげで、Gerber Poultry社はプロジェクト目標以上の結果を得られるようになりました。

AIMマルチレーンソーターをベースにしたこのソリューションは、サイズや製品種類の異なるトレイパックを正確に自動的に仕分けます。それは、Gerber Poultry社が品質と食品安全を保護し、廃棄物を低減し、求めていた目標処理能力を達成するための力となります。最も有意義であったのは、その工程でフルタイム当量(FTE)4人分の労働力が不要になり、年間$280,000以上の節約につながったことです。AIMコンベアは、プロジェクトの残りの段階にも追加が計画されています。