完成品検査工程

タイヤの仕分け、合流、カーブ搬送のトラブルをなくし、完成品検査工程エリアで効率を向上

Transverse Roller Top (TRT)ベルトが開発されたことによって、問題とメンテナンスが多かった完成品検査工程エリアの物流システムは、メンテナンスも生産停止もないシンプルなイントラロックスのソリューションに置き換えるられるようになりました。タイヤ工場は、直角と180度のカーブでベルトを切り替え、稼働時間を著しく増加させています。

Transverse Roller Topベルトのシンプルさと低メンテナンス性は、直角および180度カーブ、仕分け、合流など完成品検査工程の多くの用途で効果が実証されています。今日、近代的なタイヤ工場の多くは、完成品検査工程のタイヤ搬送システム全体(合流、仕分け、アキュムレーション、搬送を含む)でイントラロックスTRTソリューションを基盤にしています。従来技術と比べると、イントラロックスのシステムは生産停止時間とメンテナンスを大幅に低減します。

タイヤ業界向けDARB 4500

イントラロックスDual-Stacked Angled Roller™ Belt (DARB™) 4500シリーズ技術は、乗用車およびトラックのグリーンタイヤや完成タイヤを高速で仕分け、合流、ダイバートするのに最適なタッチレスのソリューションです。仕分けおよび合流用途でダイバート用アームやポップアップ式乗継ぎにとって変わるこの技術は、優しい搬送でタイヤを無傷に保ちます。

  • ラインレイアウトを簡素化
  • 優しいタッチレスの搬送が安全を向上
  • 生産量が増加
  • スクラップが減少、メンテナンスがより簡単
  • 総所有コストを低減

このソリューションの実際の動作を動画ライブラリでご覧ください