加硫工程

加硫工程エリアのトレンチラインでタイヤ詰りを解消

世界中のタイヤメーカーがイントラロックスのシステムに切り替えて、トレンチコンベアラインのコストを節約しています。イントラロックスのTransverse Roller Top (TRT) 4400シリーズを利用すれば、タイヤ工場は、プレス後の冷却コンベアからトレンチコンベアまでの製品搬送時間を予測できます。フラットベルト使用では、タイヤとゴム製ベルトの間に摩擦(そのためタイヤ詰りが頻発)があるので、そのような予測は不可能です。

このベルトは、交互にずらした配置パターンの大径ローラーでよりスムーズな乗継ぎを行い、詰りをなくして生産停止時間を減少させます。イントラロックスのトレンチラインソリューションは世界中のタイヤ工場に多数取り付けられてきましたが、そのお客様のほとんどが、導入後スクラップタイヤ数が減少したおかげで2年以内に投資を回収しています。