加工

特殊な加工用途に最も適したベルトをご提供し、お客様のオペレーションに最大限の利益をもたらします。

301137c_lg

イントラロックスは、35年以上にわたり、食品加工用コンベア技術をリードし続けています。当社は、業界のリーダーたちと連携し、数多くの成功を収めてきました。そしてまた、その知識を元に、青果加工の生産量を高め、ダウンタイムを低減する、より革新的な方法を見出してきました。

調理、排水、冷凍用途を含む工場の加工工程は、最終製品の品質を守る上で最も重要です。加工の時間や温度、周囲の環境に変化があると、最終製品に大きく影響します。そのため、当社では、多様な製品範囲に対応できると同時に加工の一貫性を保つことが、この繊細な工程では重要であるということを、十分に認識しています。

各加工用途に適した搬送ベルトを取り付けることが、オペレーションの大幅な改善をもたらします。ベルトの開孔率は、最適な製品の接触面および適切な排水性を確保する上で極めて重要です。ベルトの表面は、大きな損害となる製品廃棄や異物混入にもつながる製品の粘着性に影響するため非常に重要です。また、コンベアベルトは、衛生面に多大な影響を及ぼす可能性があります。

イントラロックスの製品は、青果加工における、次のようなすべての用途において、効率を高め、費用を削減することを実証しています:

  • ブランチング
  • 傾斜搬送
  • 殺菌
  • 冷凍
  • 調理

食品加工工場は、イントラロックスのフライト、スクープ、バケットを傾斜搬送用途に使用し、作業の効率性を向上させています。そして、縦リブと表面ナブの高密度パターンという、製品の粘着を抑える優れた特徴を備えたイントラロックスの非粘着性フライトを使用することにより、製品損失を削減しています。また、イントラロックスの技術へのグレードアップまたはレトロフィットを行ったフレッシュカット製品の製造工場は、搬送積み残しを平均60%削減しています。

ご不明な点はありますか?

ケーススタディ

  • DARB仕分け、ロボットと連携してCosta Groupの能力を増強
  • ThermoDriveによる包装供給上昇コンベア改造で切り替え時間を58%短縮
  • イントラロックス、総合的なブランチャーソリューションとサポートをOerlemans Foods社に提供