新しいThermoDrive材質のA23、スナック食品の上昇傾斜コンベアでベルトの寿命を延長

  • ニュース
  • September 29, 2020

ポリウレタンA23材質でできたイントラロックスの新しいThermoDriveベルトは、スナック食品の包装供給上昇コンベアでベルトの寿命延長に大きく役立ちます。

スナック食品加工の温かい環境や高温環境では、従来のポリウレタンベルトは損傷が進みやすく、有効寿命が著しく短くなることがあります。A23材質は、そのような課題を克服するよう設計されており、スナック食品業界の昇り傾斜用途に理想的で、特に、香辛料や酸味のきいたスナックやポテトチップスなど調味料を多く使った製品に適しています。

ThermoDriveベルトに切り替えたとたん、ひびやすき間がなくなったので洗浄がずっと楽になりました。その工学的ソリューションのおかげで問題は解消されました

カルビー コーポレートエンジニア、Cory Kennedy氏

従来のポリウレタンと比較すると、イントラロックスのA23ポリウレタンがもたらすメリットは歴然です。

  • 特に困難な用途(押出加工品や高酸性のスナック製品など)においても著しく長いベルト寿命
  • 従来のポリウレタンよりも最大50%高い温度下で性能を維持
    • A23ベルトの定格温度:212°F(100°C)
    • 従来のポリウレタンでは140°F(60°C)
  • 効果的な耐湿性
  • 25%増のベルト引っ張り強度
  • 総所有コストを大幅に低減

ポリウレタンA23材質のThermoDriveベルトは、搬送品の保持を最大に確保するためにフライト付きや同期サイドウォール付きにすることができます。

ThermoDriveベルトは包装供給上昇コンベアのより高い基準を打ち立てます。さらに詳しく知るには


ニュースと洞察