Procordia Food AB

Procordia Food AB社、ARBレイアウト最適化で充填機の効率を8%向上


お客様の目的

スウェーデンのクムラにあるProcordia社の工場は、即配送用のフルーツおよびベリー製品をテトラブリックカートンで包装しています。フルーツジュース充填ラインの包装側の末端では、ケースパッカーから出てきたケースがエレベーターで引き上げられ、パレタイザーに搬入されていました。工場では生産目標が引き上げられましたが、エレベーターの能力の限界がスループット増強の妨げとなっていました。エレベーター近くで頻繁に渋滞が起こっていたため、1時間ごとにコンベアと充填装置のラインを停止しなくてはならず、それが、製品廃棄とカートンの誤充填につながっていたのです。また、一連の高架ローラーコンベア上では、ケースが積み重なることがよくあり、搬送中の衝突から損傷が発生していました。

イントラロックスの実施策

クムラ工場のレイアウトと使用可能スペースを最適化したのは、Intralox アクティベィテッドローラーベルト™ (ARB™)技術でした。L型曲線コンベアに取って代わった直線のARB直角乗継ぎは、より小さいフロアスペースしか必要としないのに、ケース搬送能力を向上しました。その結果、エレベーターの代わりに上昇コンベアを置くことができるようになり、ボトルネック問題解消とスループット向上につながりました。連続的なケースのフローを確保できるようにもなりました。また、エレベーターの可動部品に由来するリスクがなくなり、作業者の健康と安全が改善されました。

高架経路の全長にわたって、標準のローラーコンベアの代わりに1000シリーズ・インサートローラーベルト装備のコンベアが取り付けられ、より優しいケース搬送が実現しました。ポップアップ乗継ぎ装置をARB直角乗継ぎに置き換えたことによって、工場は、厳格化した安全衛生基準に適合することができました。最適化された新レイアウトでは、ケースが正しい向きを維持したままパレタイザー搬入に到達するので、ケース回転装置が不要になりました。

結果

イントラロックスARB技術によって実現できた新しいレイアウトは、包装ラインの性能を最大限に引き出しました。そのレイアウトは、充填機効率の8%向上とライン製品廃棄の50%減少をクムラ工場にもたらし、その結果、1日あたりテトラブリック8500カートン分の増産が達成されました。