Marie-Viriat

Marie 社、イントラロックスのAIM振分けで「目からうろこ」の体験


AIM技術は設計こそ単純ですが、洗浄性と作業者体感を劇的に改善します。わたしたちの工程にとって、目からうろこの出来事でした!

Marie社ヴィリア工場プロジェクトエンジニアFrédéric Jacquet氏

お客様の目的

ヨーロッパ最大の鶏肉生産業者LDCグループは1983年以来、Marieというブランド名のもと、さまざまな食品をフランス全土に販売提供しています。ヴィリアにあるその工場は、2種類の調理済みラザーニャ(ベジタリアンとボロネーゼ)を含む幅広い製品を製造しています。単列の製造ラインを通りながら小型プラスチックトレイに詰めて調理されたラザーニャは、次に2列に分割され、直線型オーブンへと搬入されます。工場は、この工程専用に毎週2シフトを割り当てていました。

Marie社がオーブンライン間でラザーニャトレイをダイバートするのに以前使用していたのは、スラット切り替えチェーンでした。その装置は数々の問題を発生させていました。スラット切り替えは殺菌が非常に困難でした。洗剤を使うことができず、また、振分け装置に保護カバーがついていたので、必要なところにくまなくアクセスすることがほぼ不可能だったのです。長時間かけて洗浄に専念しても、工場は、求めていた衛生レベルを達成することができませんでした。その装置には他にもいろいろ問題がありました。潤滑油が大量に必要であることや、スペアパーツのコストが高いことなどです。

イントラロックスの実施策

これらの問題を解消できる新しい振分けソリューションをMarie社は求めていました。そして、イントラロックスのAIM振分けが、まさにそんなソリューションであることを工場は発見しました。Intralox Active Integrated Motion(AIM)技術は、水洗環境での自動化を可能にし、これまでに見られなかったトレイパック搬送ソリューションを提供します。AIM振分けは、優しいながらも高速で確実なトレイ振分けを行い、メンテナンス、生産停止、そして、競合技術にまつわる安全上の問題を解消します。2016年に取り付けられたヴィリア工場のAIM振分け装置は、完全に洗浄可能で、保護カバーを必要とせず、以前のソリューションより小さい設置面積に収まりました。

結果

AIM振分けはMarie社に劇的な衛生改善をもたらしました。イントラロックスのソリューションは、洗浄時のアクセスを改善し、洗剤の使用も可能なので、60%短い洗浄時間で必要な衛生レベルを達成できます。人手と使用水量も低減されました。イントラロックスは、取付けだけではなく、洗浄指導と衛生ベストプラクティスの案内も行いました。

振分け装置に潤滑油が不要になったおかげで、工場はメンテナンスとスペアパーツの費用を減少させることができました。Marie社は生産量レベルを維持しながら、より優しい製品搬送のメリット(製品がこぼれる問題の解消)を享受しています。このイントラロックスソリューションは以前の装置よりも低騒音なので、従業員の快適度向上にも役立ちました。また、AIM振分けは装置カバーのないコンパクトな設計なので、従業員同士の会話や、そのエリア全体の通行が楽になりました。

AIM振分けは、スラット切り替えに比べ、関連するメンテナンスコストと人件費を92%低減できるとMarie社は見積もっています。この予想に基づくと、典型的な操業状況(1日2シフトで週5日)でこのラインを稼働させた場合、投資はたった6カ月で回収できることになります。プロジェクトエンジニアのFrédéric Jacquet氏は感心してこう語ります。「またしても、イントラロックスの革新技術がしつこい問題を解決してくれました。AIM技術は設計こそ単純ですが、洗浄性と作業者体感を劇的に改善します。わたしたちの工程にとって、目からうろこの出来事でした!」