DirectDrive 衛生管理

洗浄を簡素化

DirectDrive™システムの独特な設計は、衛生と食品安全に明らかな利点をもたらします。製品の衛生保全を確保するのに役立ち、シンプルで予測通りで効果的な洗浄手順の採用を可能にします。

このようなスパイラル技術があれば、衛生管理が楽に進みます。

従来型の摩擦駆動スパイラルは、衛生面で大きな課題を抱えています。スパイラルベルトおよび構造物の洗浄が困難で、その上、潤滑も必要であるということは、異物混入のような問題につながりやすいということです。金属製スパイラルではさらに、製品の品質と安全性を大きく脅かすさびや「黒しみ」(変色した金属の摩耗くず)が発生し製品に付着するという問題も加わります。

DirectDriveシステムは、そのようなトラブルの防止に役立ちます。潤滑剤が不要で、油脂分を多く含む製品による作動トラブル(たとえば、スリップやサージングなど)を起こしにくいシステムです。ベルト表面の開孔率が高く、本質的により洗浄しやすくできています。これと、プラスチック材質でできているという点が相まって、汚染防止に役立ちます。イントラロックスの衛生および食品安全専門家(イントラロックス傘下企業のひとつであるコマーシャルフードサニテーションのコンサルタントを含みます)が、この分野におけるお客様の取り組みをさらにサポートさせていただきます。 

メリット:

  • 洗浄と衛生の結果を改善
  • 予測通りの洗浄スケジュールを促進
  • 黒しみを解消
  • 異物混入リスクを最小化
  • 衛生コストを低減

ご不明な点はありますか?

ケーススタディ

  • DirectDriveシステム、大手鶏肉加工会社で品質を向上させ、生産停止を解消
  • ダイレクトドライブシステム、Gourmand社の工場効率と生産能力を大幅に向上
  • スパイラル最適化、BERETTAで摩耗くずとメンテナンスの問題を解決