梱包ラインの人手不足を見直す

限られた人員で生産ロスを最小限に抑え、チームの能力を高めるには

梱包ラインのマスクと白衣を着用した作業員

人手不足 - 製造業界が回避できない問題です。供給量の減少、重要な機器の納期延長、生産ロスといった問題は、人手不足が原因ですべて深刻化しています。

こうした課題が多発しているにもかかわらず、製造業者からの需要は増加の一途をたどっています。製造業者は人員の確保、トレーニング、保持に苦心する一方で、ビジネスに不可欠なオペレーションでは、不満を抱えた人員を満足させる必要があるというプレッシャーにさらされています。

私たちは社内のエキスパートに意見を求め、常に将来を見据えながら、こうした課題に短期的に向き合い克服する方法について、独自の見解を集めました。

小さな変化が大きなインパクトを生む

アイデアをラインレイアウトの再編に短期的に盛り込むことで、生産面で目に見える変化が得られます。特に工場の規模が大きいほど、その変化は顕著になります。

「製造ラインの最後でパレットに載せる場合は、一元的に作業できるエリアを設けるように計画しましょう」と、イントラロックス Activated Roller Belt(ARB)ソリューション販売担当のFrank Solitarioは語ります。「そうすることで、すべてのパレット作業を集中的に行うことができ、少ない人員で管理できます。一元化されており、位置も近いため、1人で2本のラインを管理できれば、作業中のSKU (ストック・キーピング・ユニット)に集中できるようになり、少人数で管理できるだけでなく、効率を高めることもできます」

星付きのアワードメダルアイコン

注目の成功事例:Costa Group社

8人の人員を新たな役職に再配置して処理能力を高め、労働力を最適化することで、イントラロックスがCosta Group社の処理能力をどのように向上させたかをご確認ください。

導入事例を読む

パレットエリアを一元化するといった小規模な変更で、人員はもちろん、フォークリフトやフォークリフトオペレーターの数を減らし、フォークリストの往来も削減できます。その結果、人員の安全性が向上し、工場の多くの課題の解決につながります。その他の小規模な変更を組み合わせて一元化することで、工場の長期的な計画とも整合させることができます。このような小規模な変更方法により、すべてのプロセスで自動化する手間をかけなくても、全体の効率向上につながり、容易にコストを抑えながら、一元化されたパレット作業の自動化を推進することができます。

人材を異なる視点で見る

「自動化に向けて一貫して作業を進めることで、従業員を過酷な作業から開放し、おそらくより関心のある仕事に専念させることができます」と、イントラロックス ARBソリューション販売担当のKarl Easeyは語ります。

目的は労働を奪うことではありません。特定のエリアでの人員への依存を解消することです。開放した人員のスキルと知識を別の場所で活かすことで、よりポジティブな方法で生産に影響をもたらすことができま す。

Karl Easey
Karl Easey
イントラロックス ARBソリューション販売担当

Costa Group社と共同で取り組んだ自動化プロジェクトでは、人員から労働を奪うのではなく、パレットエリアから8~10人の作業者を開放し、上流工程のグレーディング機器やカートン処理エリアに移動させました。その結果、増員なしで処理能力が向上しました。人員をより付加価値の高い方法で活用できたからです」

プロセスの最適化と正当化

将来の生産量を予測することは、自動化やプロセス最適化で最善の判断を下すのに役立ちます。生産量が減るか、下降傾向にあると思われる場合は、自動化への投資は得策ではありません。応急処置的にシンプルかつ短期的なソリューションを適用するべきでしょう。

短期的で即効性のあるソリューションとは何でしょうか? 業種によりますが、ロボットカートン梱包などが考えられます」とSolitarioは説明します。「小規模なロボットシステムをコンベア上に設置し、ビジョンシステムを使用してピックアップと梱包を行います。人力によるカートン作業の人員数とロボットシステムのコストを比較した場合、節約効果は明らかです。最大12人の作業員を新たなエリアに回すことができます」

イントラロックスチームのヒント:シンプルなプロセス変更方法として、入れ替え頻度の低いプロセスの自動化を検討しましょう。例えば、ケース梱包、ラベル貼付、製品検査、不良品処理などが考えられます。

適切なパートナーとともに長期的な計画を練る

最近は、イノベーションと将来への対応が重視されています。人手不足に対処するための応急措置的な短期ソリューションが必要な場合は、一時的な計画と長期的な計画を立てるようにしましょう。応急措置から発展する準備ができたら、適切なパートナーの力を借りて、自動化目標を達成しましょう。イントラロックスを始めとするパートナーと早めに連携することで、将来的に応急措置が必要になる局面を減らすことができます。


ニュースと洞察