新たな業界のための、新たな考え方

専門家が掲げるEV革命へのロードマップ

3人の男性がDARBコンベア上のEVバッテリーを見ている様子。1人は指さしており、もう1人はラップトップを持って野球帽をかぶっています。

「EVバッテリー生産における最大の課題は、燃焼エンジンと同様の考え方ではうまくいかないということです」と、イントラロックス事業開発アナリストのMartina Costaは語ります。「EVバッテリーを効率よく搬送するには、新たな技術とまったく新しい考え方が必要です」

電気自動車(EV)業界の市場シェアは拡大の一途をたどっていますが、この状況は自動車が発明された当時とよく似ています。日々の主な移動手段として自動車が馬に取って代わったように、EVはガソリン車をいずれ追い抜く勢いです。

ただし、忘れがちですが、自動車がその発明から大量生産品に発展するまで30年かかっています。ドイツのエンジニアが初のガソリン燃料の4ストロークサイクルエンジンを製造したのは1876年でした。その10年後、Carl Benzが内燃エンジンを搭載した初の商用自動車の製造を開始しました。さらに12年後、Henry FordがFord Model Tの大量生産を開始しました。

こうした数十年にわたる実験を経て新たな世界が生まれたわけですが、今日の消費者は、EVがガソリン車に取って代わるという同様の劇的な変化を今まさに経験しています。しかし、EV業界は誕生から数十年の実験を経ておらず、30年以上かけて生産プロセスを合理化したわけでもありません。

それどころか、EV業界はまだ初期段階にあり、従来の自動車生産と比較してバッテリー生産がもたらす、さらなる課題を把握していない消費者から熱心に注目されています。

メーカーは、搬送品の重量増、腐食性の材質、難しい形状への対応といったプレッシャーにさらされています。しかも、今すぐに対応しなければなりません。

ここでは、EV専門家のMartina Costaが、この成長著しい業界でメーカーを成功へと導く戦略とソリューションに関する意見を語ります。

強度と速度

「この段階はすべてEVバッテリーに関することです」とCostaは語ります。

Costaは、タイヤ、自動車、EV業界でエンジニアリングの経験を誇り、製品開発と財務分析を専門としています。イントラロックスの最新EVバッテリー搬送ソリューションの開発を支援し、昨今の電気自動車の台頭を目の当たりにしています。

彼女の意見は明確で、メーカーは重く取り扱いが困難なEVバッテリー製品を速やかに搬送するために、適切な装備を導入する時が来ている、という考えです。

「EVバッテリーの処理能力を高めることは、自動車メーカーにとって大きな悩みの種です。EVバッテリーは燃焼エンジンより重く、デリケートで、形状やサイズもさまざまです。同時に、メーカーは売上目標を達成し、世界中の同業者と競合するプレッシャーにさらされています」

しかし自動車業界は規制が厳しく、車両と部品の製造には慎重なアプローチが必要であり、これがEV時代への移行の妨げとなっています。

3人の男性がコンベア上のEVバッテリーを見ているeブックの表紙、タイトル:将来に万全の備え:イントラロックスのEVバッテリー搬送ソリューションの原則

eブックをダウンロード

将来に万全の備え:イントラロックスのEVバッテリー搬送ソリューションの原則』は、現在の運用体制を評価し、今後の改善計画をサポートするためのガイドです。

PDFをダウンロード

「メーカーは安全策を取り、EVバッテリーを燃焼エンジンと同じように搬送したいと考えています」とCostaは指摘します。

皮肉にも、この慎重な姿勢が処理能力と全体的なコストにとって逆風になります。燃焼エンジンの生産ラインは、デリケートなEVバッテリーにとって乱雑すぎるからです。EVバッテリーの損傷はコスト増を招き、その額は燃焼エンジンの比ではありません。損傷が常に発生すると、処理能力も大幅に下がります。

EV生産を追加、またはEV生産に切り替える際は、こうした搬送が難しい新たな製品を適切に処理できるソリューションを用いてシステムを設計する必要があります。

将来に備えた柔軟性

「当社はあらゆる専門知識を活かし、将来を保証されたソリューションを作り上げました。自動車メーカーとEVバッテリーメーカーは、サイズや重量、仕様にかかわらず、新たなバッテリーに常に対応できるソリューションを必要としています」

ソリューションの柔軟性が鍵になります。というのも業界の製品は常に進化しているだけでなく、これらの製品の1つが確実に組み立てられるかどうかは、複数のプロセスによって決まるからです。バッテリーはセルとして始まり、モジュールを経て、パックとして完成します。その各段階で異なる設定が必要になります。

「セルとモジュールの段階を最適化するには、優しく精度の高い取り扱いが求められるため、当社はロジスティクス業界の経験を活かしました。バッテリーパックについては、より重量のある部品の搬送が必要になるため、自動車業界とタイヤ業界の経験を活用しています」

こうした業界では、各段階を自動化することでコストを抑えながら人為的なミスを減らし、各プロセスを合理化できます。さらに、データを分析することで、市場がプロセスの変更を要求した場合も容易に対応できます。

「データをあらゆるプロセスに接続することで、問題を検出しやすくなり、全体的な生産フローを調整して改善しやすくなります」とCostaは述べています。

フラットトップコンベアベルト上のEVバッテリー

信頼できるパートナー

新たな技術に対して慎重な業界では、EVバッテリー生産に合わせて社内で変化を推進するのは容易ではありません。

「だからこそ、当社は広い意味においてテストを重ねます。当社はお客様が最善のソリューションを選択できるように必要な時間とリソースを惜しみません。社内のテスト施設だけでなく、お客様自身の生産現場でもテストを実施します」

イントラロックスのソリューションを選択したお客様は、当社のパートナーになります。発注、設置、継続的なサポートまで、プロジェクトを始めから終わりまで担当します。

イントラロックスではサポートは無償で、新たな技術を投入する際には不可欠になります。そしてお客様も、その変化の一環に参加する必要がありま す。

Martina Costa
Martina Costa
イントラロックス事業開発アナリスト

お客様のOEMパートナーやチームとも連携し、レイアウトの最適化、具体的な生産目標の達成、イントラロックス技術の確実な導入を支援します。稼働を開始しても、それで終わりではありません。

「ソリューションを販売するだけでなく、お客様に常に寄り添うことを信条としています。当社はイノベーションをもたらしますが、お客様は具体的な生産ラインに伴う経験をもたらしてくれます。お客様のエンジニアは自社システムに長年取り組んでおり、具体的な課題を熟知しています」

イントラロックスのアプリケーションエンジニアもパートナーを訪問し、既存の設備の装置状態チェックを行い、新たな開発やイノベーションに関するトレーニングを無償で提供しています。

「新たな技術を投入する際には不可欠になります。そしてお客様も、その変化の一環に参加する必要があります」

今後の展望

業界はEVバッテリーサイズを標準化するのでしょうか? 充電方式ではなく交換方式を採用するのでしょうか? あるいは、自宅保管への対応を求めるのでしょうか?

「当社は、こうしたあらゆる疑問に対してすでに対策を講じています。例えば、現在のEVモビリティは乗用車が主体ですが、重荷重用途のバッテリーを搭載した電動バスやトラックもすぐに普及していくでしょう」

「だからこそ、無駄のない柔軟な生産プロセスの構築を目指しています」

業界で最も包括的なサポートを提供しているのもそのためです。

イントラロックスの専門知識が、お客様の未来を支える

将来の動きに備えましょう。当社のeブックでは、強固で将来的にも万全の稼動を確立するための概要をお届けします。


ニュースと洞察